友人のお母さんが急になくなりました。あまりに突然のことでした

生命保険金の相続

友人のお母さんが急になくなりました。あまりに突然のことでした。お父さんが入院をしていて看病をされていましたがその病院で倒れて一時は意識を回復しましたが検査の途中で、帰らぬ人となってしまいました。倒れてから3日目のことです。それから彼女は悲しむ間もなく葬儀の準備に大変でした。なにもしてあげられなかったと毎日悔いていたと語っていました。まだまだあとかたずけも終わらないうちに今度はお父さんもなくなったのです。お母さんの死から1年もたっていませんでした。それからが大変でいろいろな書類やあとかたずけです。生命保険から保険金が下りて相続しましたが、弟さんとの話し合いがこじれて険悪な状況になりました。

二人しかいない姉弟なのに本当に悲しいと言っていました。しかし2年3年とたつうち昔のように仲の良い二人に戻り、助け合って頑張っています。一時はどうなることかと心配しましたがやっぱり姉弟ですね。きっと亡くなったご両親がそのようにしてくれたのだと思えてなりません。






医療保険選びをするにあたってどのような保険のプロと相談をしていくのでしょうか。どんな立場で相談に応じてもらえるのかは極めて大切なことです。その分野ののプロに医療保険の提案をしてもらうのもいい結果を生むかもしれません。-

インターネットに刺激されたことでいろいろな保険の比較が容易です。驚くほど割安な生命保険も広がっています。保険選びは大切です。甘く考えないことです。生命保険の選択肢が提案されるようになってきています。保険見直し本舗や保険の窓口などの保険ショップも役立ちます。-