家族や親せきど自分にとって身近な存在の人が不幸にも亡くなってしまったとき

生命保険の相続に注意

家族や親せきど自分にとって身近な存在の人が不幸にも亡くなってしまったとき、しなければならない問題はたくさんありますが、その中でも一番揉め事が起こりやすいのが相続に関する事柄です。誰がどれだけの取り分を得るのか、どういった物を受け取る事ができるのかなど、ほとんどの人がはっきりと答えることはできないでしょう。まず、相続人としては、子供、父母、兄弟の順になる権利が与えられます。また受け取ることができるのは、貯金や不動産もそうですが、借金やローンなどといった負の財産も同時に受け継ぐことになるので注意が必要です。生命保険に関しては、その受取人が誰であるかによって相続財産であるかないかが変わってきます。

もし相続人が亡くなられた方本人であった場合、生命保険は相続財産となります。しかし、受取人が子供や兄弟など本人以外の誰か別の人であった場合、それは相続財産にはならないのです。ですから別の人が受け取った場合であれば、基本的には一度受け取った生命保険を相続人同士で分配する必要はありません。もちろん例外がないという訳ではないので、どうしても揉めてしまう場合は弁護士に相談してみることをおすすめします。






生命共済と損害共済。自動車共済と医療共済。多くの共済商品が販売されています。共済が違えば保障も違います。共済はこのように考えることが大切なことです。各種の共済は比較してから度の保険かを決めましょう。-

保険の相談のチャンスもあります。満足できるような生命保険をアレンジするのは結構苦労することなのです。生命保険は一生の負担額で見直せば高額な保険料を払うもので、また自分や妻そして子供の万が一の事態を託すというものなので決めることで苦労するのです。だから専門の保険プロに生命保険相談をしてもらうことが大切なのです。-