相続税の課税強化の対策のためにも相続税をできるだけ減らせるようにする方法

相続税対策での生前贈与

相続税の課税強化の対策のためにも相続税をできるだけ減らせるようにする方法が、生前贈与になります。贈与は一般の方でも利用しやすい相続税対策になります。しかし生前贈与は、正しく贈与をしたつもりでも、名義預金と税務署から指摘されることもあります。正しい贈与で、相続税対策をする必要があります。まず生前贈与で、名義預金と指摘されないためには、贈与をしたという本人と贈与をされた側の人の意思表示を形として残すことが必要です。形式上は、子供の名義のお金になっていても、実質的に出した人の預金と税務署から判断されるのが名義預金です。贈与は贈る側の贈ったという意思表示と、受け取った側のもらったという認識が必要です。

そしてその上に受け取った側が自分で財産を管理して、後に受け取ったということを立証できる形があることが必要になります。このように相続税対策としての贈与は、贈与する時に証拠を残しておくことが重要になります。そして早くから相続税対策として生前贈与を利用することが相続税の軽減にもなります。






生命保険や医療保険をどれにするのかは難しいことです。高くない生命保険や医療保険を選択することは手数がかかることです。そこで価格見積りが生命保険ではできるのです。生命保険や医療保険の見積りが普通のことになりました。さて損害保険商品の所得補償保険も検討してみましょう。大切なことです。-

生命保険の問題は簡単な問題ではありません。しかし生命保険選びについて気楽に考えてみることです。生命保険会社も大きく変わりました。あっというまに保険ショップが急増しています。ほけんの窓口ががテレビCMを打っています。相談してみましょう。-