相続が開始されてからすぐに遺産分割されるのがベストですが

相続における遺産分割

相続が開始されてからすぐに遺産分割されるのがベストですが、実際は相続開始からかなり時間が経過してから分割されることが多いのが現状です。そのため、その間の貨幣価値の変動や不動産の高騰などの経済的諸要因により、遺産の価額に変動が生じることは避けられません。そこで、遺産評価の基準時をどの時点に設定するかが大きな問題になります。これについて、民法909条の分割に関する規定を根拠に、相続開始時とする意見があります。しかし最近の裁判実務では、遺産分割時を基準時とする決定がされています。財産的価値に変動が生じるときは、遺産分割時の時価でもってここの遺産を評価するのでなければ、共同相続人間の公平を図ることはできません。

また、具体的相続分の算定と遺産分割の作業とは次元が異なり、民法の文言を根拠に遺産の評価の時期を相続開始時と解する必然性はないといえます。遺産評価の方法としては、鑑定や家庭裁判所調査官の調査によるのが一般的です。






保険ショップでは生命保険等の保険を検討しておけば無事に解決を見ることになるかもしれません。生命保険コンサルの悩みが残らないように済ますことについてどのように向かい合いますか。どんな関係の人に相談をするのでしょうか。オフィスビルの高層階などでも保険見直し本舗が目に付くことが多くなっています。ここでの生命保険の生命保険のFPやアドバイザーとなってアドバイスする保険業界人もいます。-

自分が死んだときを意識するようになるのは家庭を持った時というのが結構多いようです。これからの生き方を考えるときに万一のリスクと生命保険を考え直すことになります。保険ショップが肝要だと分かるのです。ライフプランや人生設計のことを学びましょう。保険ショップです。-