人が亡くなった時、その方の所有していた財産や資産を一定の人に

相続の遺産分割の割合

人が亡くなった時、その方の所有していた財産や資産を一定の人に移譲することを相続と言います。相続については誰が遺産を受け取る権利があるのか・どのぐらいの割合いかなどが法律で細かく定められています。遺言があればそちらが優先されますが、遺言がない場合は自動的に相続人・遺産分割の割合が決められることになります。 遺産分割の割合は、誰が相続人とみなされるかによって違ってきます。配偶者は常に相続人になりますが、その他の血族たる相続人については優先順位が決められており、上位の血族が一人でもいる場合は下位の血族に権利はありません。 では、遺産分割の具体的な割合についてお話します。配偶者と子供がいる場合は、分割の割合はそれぞれ遺産の二分の一ずつです。

子供がいないが孫がいる場合は、その孫が二分の一を受け取れます。子が複数いる場合は人数分で等分割されます。子供も孫もおらず配偶者だけいる場合は、配偶者と亡くなった人の両親が相続人になります。割合は、配偶者三分の二・両親三分の一となります。子も孫も両親もいない場合は、亡くなった方の血縁のある兄弟姉妹に遺産が分割されます。割合は、配偶者四分の三・兄弟姉妹四分の一となります。 相続に関しては、他にも細かく法律で規定されています。詳しい事は弁護士などの専門家に相談されることをお勧めします。






ガン保険はよくきく保険種類です。ガン保険は生命保険会社や損害保険会社の商品でガンで入院したり手術した時に給付金が支払われるものです。病院へ払う費用があります。それら支払いに補てんすることができます。ガン保険についてはよく考えてみましょう。-

ちゃんと相続問題について方向性を確立しておけば心配するほどではありません。うまく収まるのかはしっかりと相続税と向き合いしっかり方向を考えることです。地主さんにとって心配な相続税問題解消法は財産を相続するにあたって誰しも悩む問題です。相続対策についてはこのように考えることがポイントです。-