人が亡くなった場合、その方の所有していた資産、権利、負債などが一定の人

相続での遺産分割の割合

人が亡くなった場合、その方の所有していた資産、権利、負債などが一定の人に移譲されることを相続といいます。 有効な遺言がある場合はそれに基づき相続が行なわれますが、遺言がない場合は、法律によって定められた相続人の特定と遺産分割が行われる事になります。相続人については、配偶者は常に相続人となりますが、その他の血族については優先順位にしたがって決定されます。順位の第一位は子供で、子供がなくなっている場合は故人の両親、兄弟の順となります。 遺産分割の割合は、配偶者と子供が相続人の場合はそれぞれ二分の一ずつ、配偶者と両親の場合は三分の二と三分の一配偶者と兄弟の場合は四分の三と四分の一となります。

子、両親、兄弟が複数いる場合は、人数で均等に分けます。また代襲相続により、孫・ひ孫、甥・姪が相続人となる場合もあります。 この他にも、遺産相続に関しては様々な法的な決まりごとがあります。詳しい事は弁護士などの専門家に早めに相談するこをお勧めします。






生命保険を誰に相談しますか。しっかりとファイナンシャルプランニングすることについてについて意見を伝えておけば無事に解決を見ることになるかもしれません。生命保険のファイナンシャルプランナー・FPつまりコンサルティングしてくれる人もいます。コンサルの結果がしっかりしたものかどうかでどう生命保険のプランに影響されるかが決まります。ファイナンシャルプランナーと保険の意見を参考にしましょう。コンサルティングは有効です。-

問題がないように保険選びを終われるか、生命保険について簡単に考えないことです。入っている保険の見直し再検討はどの家庭でも避けられないと思いましょう。この保険選びの考え方についてよく考えて考えておけば思っているよりもずっと簡単かもしれません。みつばち保険ファームをはじめとする保険ショップの保険の無料相談もしっかりつかって、プロと話すことが大切です。-